はじめての卵子提供ガイド

ハワイ

ハワイの卵子提供事情

ハワイは日本人が海外旅行で訪れることで有名ですよね。気候も過ごしやすく、海・山など自然が豊富で心身ともに癒されるため、常に高い人気を得ています。海外へ行くと食事や言葉の壁などに困ることがありますが、日本人観光客の多い場所であれば不自由なく快適に滞在期間を過ごせるため安心です。

ハワイ限定ではなくアメリカ全体でのデータになりますが、2012年に行われた卵子提供による胚移植は16,000回にものぼります。その中で約半数の49.6%が出産に至ったそうです。

ハワイのクリニック

ハワイにある有力クリニックとしては、「Fertility Institute of Hawaii(ファーティリティー・インスティチュート・オブ ・ハワイ)」が挙げられます。設立したのは世界的に有名で、生殖内分泌学・生殖医療の第一人者であるジョン.L.フラタレリ医師です。不妊治療の実績は20年以上。25,000ケース以上もの症例があり、合計10,000人以上の赤ちゃんが誕生しました。1回目での妊娠率が80.4%、最終的な妊娠率は93.2%と高い成功率を誇っています。日本語ができて、看護師の資格を持つ体外受精コーディネーターが常駐しているのでサポート体制も万全です。

ハワイ対応エージェント

ハワイ対応のエージェントとしては、Act Oneがあります。東京都千代田区に本部がある、日本法人のエージェントです。基本料金から次々と追加料金が加算されていくエージェントが多い中、Act Oneはパッケージ価格を採用していて明瞭。またスタッフ全員が日本不妊カウンセリング学会の会員なので、豊富な知識を活かし様々な質問・疑問に対応してくれます。また卵子ドナーに関しての情報開示量が多いのも特徴です。現在の顔写真だけでなく、身長、体重、幼少期の写真も見ながら決められます。現地スタッフが診察に全て付き添い、通訳やサポートをお任せできて安心です。「採卵補償制度」を完備しているので、もし卵子ドナーが海外渡航後に排卵誘発に反応しなかったときでも追加費用なしでドナーの変更ができます。ハワイで卵子提供をお願いした場合、プログラム費用は500万円です。

Act One 公式ホームページ

卵子提供エージェント比較一覧はこちら

ハワイってどんなところ?

ハワイはアメリカ合衆国の州の中で50番目に認定された、アメリカの中で最も若い州です。アメリカ本土から遠く離れた北太平洋にあり、大小132もの島からなる「ハワイ諸島」にあります。最も面積が大きいのは「ハワイ島」ではありますが、州都・ホノルルがあるのはオアフ島となります。気候は暖かい熱帯性気候で、一年を通じて過ごしやすく、芸能人や著名人が年末年始の休暇で訪れる様子は、メディアでもよく報じられています。また、自然が豊富なこと、活火山の活動があることなどから、観光客だけでなく学者などにも人気のエリアとなっています。

ハワイの言語

ハワイの公用語は英語とハワイ語となっていますが、近年では英語を使う人がほとんどとなっています。一方で、ハワイ語と英語が組み合わさったような独特の言語もあります。日本から訪れる人が多いことから、中心部では日本語を話せるショップ店員がいたり、日本語のメニューがあったりするところもあります。

ハワイの治安

ハワイは、アメリカ本土の大都市などと比べると、治安の面では安全であると言われています。ただ、他の海外同様、夜中に歩き回らない、治安の悪い場所に行かない、といった基本的なことは現地でも守るべきです。また、日本のように荷物を置きっぱなしにして席を離れてしまうと、荷物を盗まれてしまうことになりかねないので注意しましょう。

ハワイのお金事情

ハワイはアメリカ合衆国の州ですから、通貨はアメリカドルとなります。空港はもちろん、街中にも多数の両替所があり、レートは日本国内よりもいいところが多いようです。両替の際は、現地の両替所を利用したほうがお得になることがあります。なお、ハワイの物価はアメリカの中でも最も高いと言われています。

ハワイの食事

ハワイの食事は、ファストフードだと3〜10ドル、レストランでは高級なところだと数十ドルを要するところもたくさんあるようです。なお、日本でも有名な「ロコモコ」はハワイでもファストフード的な位置づけとなっており、料金も比較的安くなっています。高級店でおいしいものを食べるのもいいですし、現地でロコモコを堪能する、というのもいいでしょう。

ハワイは日本人が過ごしやすい国

ハワイは地球の裏側にあるアメリカほど遠くはなく、日本人もたくさん訪れることから、日本人向けになっているところもたくさんあります。言語などで困ることは他の国と比べて少なく、日本人が過ごしやすい国だと言えるでしょう。

はじめての卵子提供ガイド

40歳以上、早期閉経、ターナー症候群など、排卵の不順が原因で悩む方のための新しい不妊治療「卵子提供」。今や年間300人以上の赤ちゃんが、卵子提供によって誕生しています。そんな卵子提供について、日本が置かれている現状や、海外で移植を受けるために知っておくべきこと、また提供を受けた方、ドナーとなった方それぞれの体験談をリサーチした結果を掲載。卵子提供を望むご夫婦の強い味方となってくれる、国内のエージェントの一覧も掲載しておりますので、参考にしていただければ幸いです。

卵子提供エージェント比較一覧はこちら

サイトマップ