はじめての卵子提供ガイド

公開日: |更新日:

卵子提供・代理母出産情報センター

卵子提供・代理母出産情報センターの概要

卵子提供・代理母出産情報センター
画像引用元:卵子提供・代理母出産情報センター公式HP
http://sumiyuki.wellgate-sample.com/

「卵子提供・代理母出産情報センター」は1992年に設立された、日本人で初となる生殖補助医療サービスカウンセリング業の会社。東京メトロ地下鉄半蔵門線半蔵門駅から徒歩5分にある、卵子提供エージェントです。

1992年から2014年の間に、アメリカ(サンフランシスコ、リノ、ハワイ)において多くの患者が生殖医療補助サービスで400名以上の子どもを授かり、無事日本へと帰国。ドナーは医学上および心理学上の審査に通った人を採用しているため、信頼することができます。

代表取締役の鷲見 侑紀(すみ ゆき)さんは、著者「鷲見ゆきの赤ちゃんを授かる本」を1995年に発行。自身がこの仕事を始めたきっかけや不妊症治療の現状が書かれています。また、鷲見さんは”失意の中でも決して失われることのない希望を実現させていくことこそが、私の役目でもあります”と語っていらっしゃいます。「なかなか子供が授かれない」という悩みをもつ方に寄り添い、妊活をサポートしてくれるでしょう。

卵子提供プログラムの流れ

卵子提供・代理母出産情報センターの特徴

卵子提供・代理母出産情報センターの口コミ評判

口コミや体験談が見つかりませんでした。

卵子提供・代理母出産情報センターの基本情報

本部所在地 日本
日本の所在地 東京都千代田区一番町2番地3 一番町2パークマンション201
卵子提供可能国 不明(要問い合わせ)
卵子提供者 血液検査・感染症検査・ホルモン値測定などの検査を受けている
ドナー数 不明
費用の目安 不明(カウンセリング・要相談)
はじめての卵子提供ガイド

40歳以上、早期閉経、ターナー症候群など、排卵の不順が原因で悩む方のための新しい不妊治療「卵子提供」。今や年間300人以上の赤ちゃんが、卵子提供によって誕生しています。そんな卵子提供について、日本が置かれている現状や、海外で移植を受けるために知っておくべきこと、また提供を受けた方、ドナーとなった方それぞれの体験談をリサーチした結果を掲載。卵子提供を望むご夫婦の強い味方となってくれる、国内のエージェントの一覧も掲載しておりますので、参考にしていただければ幸いです。

卵子提供エージェント比較一覧はこちら

サイトマップ