はじめての卵子提供ガイド

ヨーロッパ

ヨーロッパの卵子提供事情

ヨーロッパも卵子提供に関して非常に発展したエリアです。しかし距離的に日本から遠く、渡航費も高くなってしまうため斡旋している卵子提供エージェントはほとんどありません。アメリカやアジアに比べて情報自体が少なく、ヨーロッパでの卵子提供を検討している人にとっては判断が難しいところなのではないでしょうか。

同じヨーロッパの中でもキリスト教圏では、倫理的観点から卵子提供がNGとされています。しかしながら世界的に見てもキリスト教の重要国家であるイギリスでは、卵子提供は一般的に行われています。ヨーロッパだから出来る・出来ないと一概に判断することは難しいので、卵子提供をヨーロッパでしたいという人は可能な国をしっかり選びましょう。ヨーロッパで卵子提供の実績が豊富で有名なのは、ベルギーとスペインです。スペインは法律で生殖補助医療そのものの整備・保護がきちんと行われており、医療技術のレベルの高さや卵子提供者がアジア人になる可能性も高いため選ぶ人が多いようです。ただし日本人はおろかアジア人という括りで見ても卵子ドナーはかなり少ないという情報もあり、ハーフの子供になる覚悟はしておいたほうがいいでしょう。寛容な国民性のためか生殖医療に関する規制もほとんどなく、ヨーロッパ最大の卵子大国とも呼ばれています。年間15,000人以上もの外国人患者が訪れ、そのうち70%が卵子提供の治療を目的としています。

ヨーロッパを選択するならスペイン

スペインの卵子提供者は18歳~35歳までで、健康診断や婦人科検診、染色体の異常を調べる検査を実施した上で卵子ドナーになっています。卵子ドナーは完全匿名で実施するよう法律で義務づけられているため、誰にするかはクリニック側で選びます。患者さんの顔立ちや体型、髪・目・肌の色など身体的特徴が最優先に判断されるようです。患者さんは卵子提供者の年齢と血液型のみ知ることができます。

スペインでの治療であれば、費用は治療費と薬剤費合わせて100万円程度とのことです。ただし斡旋しているエージェントがいないため、自分でコーディネートから通訳まで準備する必要があります。どうしてもヨーロッパにこだわりたいという気持ちがないのであれば、エージェントを経由してアメリカやアジアで卵子提供を受けたほうが無難と言えるでしょう。

エージェント一覧で比較検討してみる

はじめての卵子提供ガイド

40歳以上、早期閉経、ターナー症候群など、排卵の不順が原因で悩む方のための新しい不妊治療「卵子提供」。今や年間300人以上の赤ちゃんが、卵子提供によって誕生しています。そんな卵子提供について、日本が置かれている現状や、海外で移植を受けるために知っておくべきこと、また提供を受けた方、ドナーとなった方それぞれの体験談をリサーチした結果を掲載。卵子提供を望むご夫婦の強い味方となってくれる、国内のエージェントの一覧も掲載しておりますので、参考にしていただければ幸いです。

卵子提供エージェント比較一覧はこちら

サイトマップ