はじめての卵子提供ガイド
卵子提供ガイドTOP » 卵子提供を受けるために知っておきたいQ&A

卵子提供を受けるために知っておきたいQ&A

そもそも卵子提供とは?国内での現状や、対象者などの基本データをまとめています。

卵子提供は体外受精の先にある選択肢

不妊治療には3段階あり、まずは排卵時期を管理するタイミング法。続いて精子を子宮内に直接注入する人工授精。さらに卵子を体外で精子と受精させ培養し、子宮内に戻す体外受精(卵子内に直接精子を送り込む顕微授精含む)の3段階が行われています。段階が進むにつれ費用も上がり、体外受精では一回の施術に50万円以上かかる場合もあります。

不妊治療の主な患者は30代後半~40代で、近年話題になった「卵子の老化」が起こる時期。卵子が受精しにくい、受精したとしても成長が止まってしまうため、妊娠しづらくなってしまうのです。しかし着床率はまだまだ70~75%と高い数字を維持できているため、若くて健康な卵子であれば順調に育つ可能性が非常に高いのです。

また、子どもを迎えるには「特別養子縁組」という方法もありますが、40歳くらいまでの夫婦に限られてしまうケースが多いとのこと。不妊治療でなんとか授かりたいと頑張っているうちに時期が過ぎてしまう、元々結婚するのが遅かったなどの理由で養子縁組を諦めなくてはいけないことも多いのだそう。

「それでも、どうしても子どもを授かりたい!」という方が利用するのが卵子提供。母親自身の遺伝子は子どもに受け継がれませんが、自分でお腹を痛めて産むわけですから、実子と同じ感覚で愛情を持って育てることができます。卵子提供の場合、着床した卵子がきちんと育ち、生まれる確率は90%ほどなので、子どもを授かれる確率は極めて高いのです。

日本での卵子提供の現状

2012年のデータでは、日本で生まれる子どものうち推計300人~400人(全体の0.051%)が卵子提供によるもので、3年前の約3倍に増えています。大半は海外からの提供で、アメリカが最も多く、次いでタイでの施術が人気のようです。

母親の平均年齢は45.2歳。45~49歳の層が最も多いですが、中には55歳以上の母親もいます。やはり高齢なこと・通常の妊娠とは異なるためか、妊娠合併症を伴った確率が68%と高くなっています。そのほか、早期閉経やターナー症候群の30代女性が希望をすることもあるようです。

国内での卵子提供に関する法律・ガイドラインの制定はいまだ進んでおらず、否定的な意見が多いのが現状。ドクターが卵子提供を推奨する意見を述べると産婦人科学会を追放される恐れがあるため、積極的に動ける状態ではないのだとか。

ただし、不妊治療の延長ではなく、早発閉経等の病気が原因で妊娠できないケースに対しては、国内でも卵子提供が何度か行われた例があります。

不妊に悩む方が、日本国内で卵子提供を受けられる日はまだまだ遠い先の話になりそうですから、卵子提供を考えるときは基本的に海外で行うものだと認識しておきましょう。

はじめての卵子提供ガイド

40歳以上、早期閉経、ターナー症候群など、排卵の不順が原因で悩む方のための新しい不妊治療「卵子提供」。今や年間300人以上の赤ちゃんが、卵子提供によって誕生しています。そんな卵子提供について、日本が置かれている現状や、海外で移植を受けるために知っておくべきこと、また提供を受けた方、ドナーとなった方それぞれの体験談をリサーチした結果を掲載。卵子提供を望むご夫婦の強い味方となってくれる、国内のエージェントの一覧も掲載しておりますので、参考にしていただければ幸いです。

卵子提供エージェント比較一覧はこちら

サイトマップ