はじめての卵子提供ガイド

リスクについて考える

卵子ドナー(エッグドナー)に興味はあるけれどもリスクが気になるという方のために、主なリスクについて解説をいたします。

一番心配な体調面でのリスクについて

子宮のイメージ

まず気になる、体調面でのリスク。排卵を人工的に起こす排卵誘発剤を用いると、体にはいくつかの変化が起こります。

子宮頚管粘液は、膣と子宮腔を間にある子宮頚管にある粘液の事で、これは生理のサイクルに合わせて分泌する量が変わってきます。そして、この子宮頚管粘液が適度に分泌されている時に性交をすると、精子が卵管に進みやすくなるので妊娠する可能性が高いです。[注1]

また子宮内膜が厚くならないのは、子宮内膜はよくベッドに例えられますが、8〜10ミリ以上など適度に厚みがあると、ふかふかしていて着床がやすくなります。反対に子宮内膜が薄い場合は、受精卵がうまく着床しないので妊娠しにくい状態です。[注2]

これらの変化は妊娠を希望する方にとっては重要項目ですが、卵子提供をする場合は全く問題ありません。これらの変化は一時的なもので、次の排卵時には元に戻ります。

複数の卵子が排卵される可能性が高くなる

排卵誘発剤は不妊治療に使われているので、排卵誘発剤を使うことで双子や三つ子になるというリスクがあります。[注3]

卵子提供の場合はひとつでも多くの卵子を提供したほうが良いですから、こちらはむしろ好都合な変化といえそうですね。

ちなみに卵子は思春期の段階で20万個ありますが、排卵されるのはそのうち500個程度。1つの排卵が起こるたびに7~8個が犠牲になり消えてしまうそうです。

排卵誘発をする際は、本来犠牲になるはずの卵子を育てて採取するため、卵子数の減少につながることもないそうです。

また排卵誘発剤を使って排卵を促したからと言って、閉経が早まる心配もありません。

卵巣過剰刺激症候群

排卵誘発剤は、卵巣を刺激するホルモンの分泌を活発にする効果がある為、これを服用していると多数の卵胞が育ち卵巣が大きく腫大したり、血液濃縮になることから、体調不良を引き起こすことがあります。この症状を「卵巣過剰刺激症候群」といいます。

薬により卵巣を必要以上に刺激してしまった影響で卵巣が膨れ上がり、ごく一部の方は腹水がたまったり、軽い頭痛や吐き気を感じるなどの症状がでる場合もあります。

卵巣過剰刺激症候群が起こる確率は、使用する排卵誘発剤の種類によって多少異なりますが約5%[注4]ですので、可能性は低いです。しかし、重症になると腎不全や血栓症などをひきおこすこともあるので侮れない症状です。

いずれも短期的な症状で治療は可能ですし、その後の生理・妊娠出産への影響はありません

多くのエージェントはドナーの安全を一番に考えてプログラムを進行してくれているので、万が一体調が悪くなった際にも適切なケアを施してくれます。

長期間の自己管理リスク

ピルのイメージ

卵子提供は、卵子を提供して終わりだけではありません。卵子を提供するには、提供する前の数ヶ月間しっかりと自己管理をする必要があるので、怠ると大きなリスクにつながります。

卵子提供は海外で行われることが多いため、渡航前と渡航後の両方での体調管理が必要です。

渡航前の生理周期調整はピルを服用

渡航前に大よその採卵日が決まり、その予定に合わせてピルを服用し生理周期を合わせます。初めてピルを服用する場合、頭痛や吐き気、出血や微熱と言った体調不良がでる場合もあります。

また、この期間は体調管理の徹底のため飲酒、喫煙、サプリメントや薬類は基本的に禁止されています。また感染症や妊娠と言った事態を防ぐために、性行為も禁止です。

自分でするのが難しい人はクリニックで対応可能

渡航後にも検診があり、この時に排卵誘発剤の自己注射のやり方の説明を受けます。自己注射のやり方は、シリンジ型の注射器の他に、より簡単に行えるペン型の注射器もあります。

また自分で行うのが難しい人は、クリニックに毎日通院し医師が対応してくれます。採卵までの期間は、基本的には自由行動ができますが、感染症予防のためプールの使用は禁止です。

この他にも、医師によっては食事や水分についての注意やアドバイスを受けられます。また、卵子提供は長期にわたり、体調維持をするために細心の注意を払わなければいけません。

そして、健康な卵子を提供できるように、契約期間中にこの他にもいろいろな制限をしている所もあります。

最初は面倒に感じますが、期間は数週間だけですので、終われば元の生活に戻れますので心配はいりません。

身体へのストレスで体調不良を引き起こすことも

卵子提供をすることになった場合、やはり体にはある程度負担がかかります。卵子提供者は20〜30歳ぐらいまでの人は、体力もあると思いますが、それでも卵子を提供するまでの期間は、日常生活も制限しなくてはいけません。

また、ピルや排卵誘発剤などを摂取しなくてはいけないので、こういった薬によってめまいや吐き気などの体調不良も考えられます。しかし、卵子提供をした全ての人に起こるわけではありません。

また卵子提供による生活面での制限や、自分の卵子が誰か分からない第三者使われることは精神的なストレスを感じる人もいます。

例えば、卵子提供者が決まったため契約書を交わし、ピルを飲み始めると場合によっては副作用で体調が悪くなります。そして、自分の卵子が使われることに少なからず抵抗がでてくるでしょう。

こういった精神的、肉体的なストレスによる影響はニキビや肌荒れといった美容面でも現れやすいですが、腹痛や頭痛などの体調不良を引き起こす原因にもつながるのです。

体調面のリスクに繋がる原因の採卵手術

採卵手術

採卵手術自体は難しい手術ではありませんが、リスクがまったくないことはありません。

その採卵手術について簡単に説明すると、卵子は卵胞の中にある卵胞液にくるまれたような状態で存在します。

そして採卵の方法は膣式超音波モニターを見ながら、膣壁から卵胞に針を刺して吸引しながら卵胞液と一緒に卵子を採取します。

慣れている病院でも確実とはいえない

先程も述べたように、採卵手術は難しい手術ではありませんが、モニターを見ながらの手術をする為、卵胞に針を刺すつもりが違っているところに刺してしまい、採卵できないうえに、出血を止める施術が必要になる場合もあります。

また採卵手術は、全身麻酔か局所麻酔をして行われるので、痛みはほとんど感じない人もいますが、痛みに敏感な人は術後に違和感を感じたり、出血が多い人もいます。

仲介者を通した卵子提供の場合、提携病院は採卵に慣れているので、ほとんどの病院は手術ミスはありませんが、可能性としてこういったリスクがあることも覚えておきましょう。

帰国後の日常生活におけるリスク

無事卵子ドナーとしての仕事を終え、日常に戻った際に考えられるリスクとしては、以下のようなものがあります。

どんなことがあっても、夫婦はドナーの許可無く会うことは出来ないようにエージェント側で管理されています。当然、お互いの連絡先を教えることもありません。また、エージェントは卵子提供した事実を外部に漏らすことは絶対にありません。

万が一ご夫婦と生まれた子どもに会うことがあるとすれば、街中ですれ違う程度でしょうから、あなたの卵子で誕生したなどと他の方が気づくはずもないのです。

子どもは法的にも出生した夫婦の子であると認められていますので、何の責任も負う必要がないし、逆に何の権利も主張する必要はありません。

出産された子どもとドナーである自分との法的な関係

近年卵子提供による出産が増えているにもかかわらず、エッグドナーとその卵子によって生まれた子供の法律的な関係を定義する法律が、日本ではまだ制定されていません。

卵子提供によって生まれた子供とドナーの法的な関係はありません。なぜなら、卵子の提供は受けていますが、その卵子をお腹で育てたのは母親であるからです。日本では、出産した人が母親と決められているので、生まれた子どもは卵子提供を受けたご夫婦の実の子供として戸籍に入れます。

このように、エッグドナーと生まれた子供に関する法律がまだ制定されていない背景には、日本では日本産科婦人科学会が

“精子・卵子・胚の提供等による生殖補助医療のうち、AID以外は同報告書における結論を実施するために必要な制度の整備がなされるまで実施されるべきでない”[注5]

という旨の見解があるためです。

現在日本では、ターナー症候群やがんや腫瘍などの病気や治療が原因で早期閉経や遺伝などの理由で、妊娠できない人に卵子提供が行われています。[注4]

そのため、日本でも卵子提供やその卵子を使った不妊治療ができそうに聞こえるかもしれませんが、事実上は不妊治療の理由だけでは、国内で卵子提供を受けることはできないのが現実です。

そういった理由で、不妊治療の為に卵子提供を受ける場合は、海外で行われることが多いのです。このため、最近は卵子提供を受けて妊娠し出産する人が多いのにもかかわらず、しっかりとした法律が制定されていないのです。

卵子提供が出来なかった場合は

ドナー登録が完了し、依頼を受けても国内・もしくは海外での検診の段階で問題が発覚する場合があります。その場合においても、ドナーが渡航費や医療費などを負担する必要は一切ありません

また、採卵数が少なかった場合には謝礼金が多少減額されますが、ドナーに責任がかかることはありませんので、安心してください。

ただし、ドナーがプログラムで指示された内容に従わない等の契約違反をした場合には、費用負担が発生するケースもありますので、決められた契約はきちんと順守し、違反のないようにしてください。

卵子ドナーの登録先リスト

[注1]厚生労働省:重篤副作用疾患別対応マニュアル[pdf]

[注2]新技術説明会:再生医療技術を用いて不妊症の克服を目指す[pdf]

[注3]厚生労働省:多胎・減数手術について

[注4]公益社団法人 日本産科婦人科学会:排卵誘発とその副作用[pdf]

[注5]公益社団法人 日本産科婦人科学会:声明

[注6]日本医師会:医の倫理~その考え方の変遷

はじめての卵子提供ガイド

40歳以上、早期閉経、ターナー症候群など、排卵の不順が原因で悩む方のための新しい不妊治療「卵子提供」。今や年間300人以上の赤ちゃんが、卵子提供によって誕生しています。そんな卵子提供について、日本が置かれている現状や、海外で移植を受けるために知っておくべきこと、また提供を受けた方、ドナーとなった方それぞれの体験談をリサーチした結果を掲載。卵子提供を望むご夫婦の強い味方となってくれる、国内のエージェントの一覧も掲載しておりますので、参考にしていただければ幸いです。

卵子提供エージェント比較一覧はこちら

サイトマップ