はじめての卵子提供ガイド

ドナーになるにはどうするか

卵子提供ドナーの謝礼金は、平均で50~80万円といわれています。ただし、献血や臓器のドナーに提供できない条件があるように、卵子ドナー(エッグドナー)の場合もいくつかの条件をクリアしていなければなりません。

卵子ドナー(エッグドナー)に登録できる条件

卵子ドナーの条件はエージェントによって違いますが、大体は以下の通りです。

基本的には、健康で生理が定期的、卵子を提供する意思があればどなたでも登録できます。未婚・既婚や出産経験の有無も問いません。

実際に卵子を提供するまでの流れ

問い合わせ
登録希望のエージェントに電話・メール等で連絡し、面接する日程を決めます。
矢印
面接
多くは都内にオフィスを構えているので、行ける方は直接、遠方の場合は電話で面接します。
健康状態やドナー登録に必要な内容をいくつか確認します。
矢印
プロフィール提出
面接で問題ないと判断されればプロフィールや写真を提出します。プロフィールはエージェントによってボリュームが異なり、多いところでは数十ページにも及ぶ細かいものとなります。しっかり正直に書くことで、卵子提供希望者に誠意が伝わります
写真のできもドナーを決定する大きなファクターとなりますので、爽やかで清潔感を感じられるような写真を選びましょう。
矢印
登録完了
ドナーに選ばれるまでの期間は、1日~数ヶ月と非常に幅が大きく、中にはせっかく登録しても選ばれない人もいます。
矢印
ドナーに選定
契約書を交わし日程を調整します。
矢印
健康状態チェック
日本の病院にて健康状態・卵巣状態・婦人科の病気の確認をし、卵子提供に問題がないかチェックします。
矢印
渡航日程決定
ドナーの生理日・ご夫婦の希望を考慮し海外渡航期間(10~14日)を決定します。
矢印
海外渡航・現地での排卵誘発開始
現地の病院で診察を受け、排卵誘発剤を注射し、超音波検査で経過観察を続けます。卵胞が一定の大きさまで成長したら、現地医師の判断により採卵手術を行います。
矢印
採卵
麻酔を使い、膣の一番奥から卵巣に向けて長い針を刺し、卵子を含む液を取り出す手術を行います。 採卵自体は5~10分程度で終わりますが、麻酔からの回復などを含む休憩時間が1~2時間程度必要です。
矢印
プログラム終了
正常に体が回復したか医師のチェックを受け、問題なければ帰国できます。
矢印
謝礼金受け取り
帰国後、エージェントから謝礼を貰って終了となります。 謝礼は日本円の場合50~80万円、US$の場合は7,000ドル程度(約75万円)が主流です。後日結果を教えてくれるエージェントもあります。
卵子ドナーの登録先リスト
はじめての卵子提供ガイド

40歳以上、早期閉経、ターナー症候群など、排卵の不順が原因で悩む方のための新しい不妊治療「卵子提供」。今や年間300人以上の赤ちゃんが、卵子提供によって誕生しています。そんな卵子提供について、日本が置かれている現状や、海外で移植を受けるために知っておくべきこと、また提供を受けた方、ドナーとなった方それぞれの体験談をリサーチした結果を掲載。卵子提供を望むご夫婦の強い味方となってくれる、国内のエージェントの一覧も掲載しておりますので、参考にしていただければ幸いです。

卵子提供エージェント比較一覧はこちら

サイトマップ