はじめての卵子提供ガイド

体験談まとめ

卵子提供のドナーになる方は、様々な理由でドナー登録を決断し、不妊治療を諦めずに続ける夫婦に希望をもたらしてきました。ここでは実際に海外で卵子提供した方の体験談をご紹介。

これからドナーとして活躍したい方はもちろんですが、ドナー側に負担がかかるのではないかと心配する卵子提供による不妊治療希望のご夫婦も是非、読んでいただければ幸いです。

実際にどうだった?卵子ドナーの体験談

初めてプログラムに参加した際は海外旅行と謝礼金が楽しみな反面、卵子ドナーという未経験の領域に大きな不安がありましたが、今ではドナー経験3回のベテランとなり、ドナーをすることが自分の使命のようにも感じられます。

というのも、私はたくさん卵胞が作られる体質で、多くの卵子を凍結状態で残せる優秀なドナーだということが最初の卵子提供時に発覚したんです。

ですが、卵胞が多いのは良いことばかりではなく、「卵巣過剰刺激症候群」になりやすく、採卵前には卵巣が目で見てわかるほど腫れるし、採卵後には動けない日が続くこともあります。

しかし注射を受ければ体調も数日で回復し、先生には「とても良い卵巣だ」と褒められるので、自分自身は特に何もしていませんが何ともいえない達成感と人の役に立てている嬉しさがこみ上げてくるのです。

このプログラムに参加するようになってから、不妊治療に励む方々のブログを拝見したり、コメントで応援したりと、私自身の不妊に対する考えにも大きな変化がありました。今では不妊に悩む方々の治療が実を結び、無事に赤ちゃんを授かればと願うばかりです。

依頼者のご夫婦が面会を希望されたときは、プロフィールを見て感じられた印象と違ったらどうしようと不安でしたが、実際会ってみて正解でした。

何故自分を選んでくださったのかというお話が聞けたり、依頼者様と意外な共通点があったり。何より人柄が素晴らしく、この人のためならば私にできる最大限のお手伝いをしたいと心から思えるようになりました。

海外もツアーくらいでしか訪れたことがなく一人での滞在が不安でしたが、ちょうど時期が重なったドナーさんを紹介していただけたので、一緒に出掛けたり、イベントに招待していただいたりしてロサンゼルスを満喫できました。

また現地の方々は性格が穏やかなこともあり、私の拙すぎるでたらめ英語にも忍耐強く耳を傾けてくださり、身振り手振りを含めなんとか意思疎通もはかることができました。

依頼者様、仲間のドナーさん、現地の方々、様々な人との出会いによって、私自身の視野もかなり広がり良い経験ができました。

学生のうちに何か人の役に立つことをしたいと考えたときに、卵子ドナーのことを知りました。

はじめは私の遺伝子を受け継いだ子どもが私の知らないところで生きていくことに不思議な気持ちになりましたが、それ以上に私の卵子があれば何年も不妊に悩むご家族を幸せにできる、と考えたときに、このプログラムの素晴らしさに気づき、責任を持って全うしようと思うようになりました。

実際に依頼をうけ、バンコクに渡航することになりました。元々バンコクの街並みや寺院がとても好きで、診察のない日は現地のツアーに一人で参加したりして、かなり充実した日々を過ごさせていただきました。タイ料理も大好きで、毎日のように食べられて嬉しくてたまらなかったのを覚えています。

採卵時は初めての全身麻酔に緊張してどうにも落ち着きませんでしたが、スタッフさんがかわるがわるベットサイドについてくれて話しかけてくれたので不安も和らぎました。採卵自体は眠っている間に終わり、痛みや違和感などは全く感じなかったです。

術後の体調変化があるかもといわれたので心配して様子を見ていましたが特に変わったことも起こらず、術後2日目からまた観光に繰り出していました(笑)。

感想はタイ観光のことばかり書いてしまいましたが、生命の神秘や不妊治療の現状など学ぶものも非常に多かったように感じます。半年後には看護師として就職も決まっていますので、それに先駆けて命の重さを知る良い経験ができました。

卵子ドナーの登録先リスト
はじめての卵子提供ガイド

40歳以上、早期閉経、ターナー症候群など、排卵の不順が原因で悩む方のための新しい不妊治療「卵子提供」。今や年間300人以上の赤ちゃんが、卵子提供によって誕生しています。そんな卵子提供について、日本が置かれている現状や、海外で移植を受けるために知っておくべきこと、また提供を受けた方、ドナーとなった方それぞれの体験談をリサーチした結果を掲載。卵子提供を望むご夫婦の強い味方となってくれる、国内のエージェントの一覧も掲載しておりますので、参考にしていただければ幸いです。

卵子提供エージェント比較一覧はこちら

サイトマップ