はじめての卵子提供ガイド
卵子提供ガイドTOP » 【番外編】卵子ドナー(エッグドナー)を希望する方へ

【番外編】卵子ドナー(エッグドナー)を希望する方へ

卵子提供を受けるのに必ず必要な存在、それが卵子ドナー(エッグドナー)です。

排卵調整のため様々な薬を飲んだり、採卵で海外に赴いたり、拘束時間が長かったりと、ドナー側はデメリットが多いように感じますが、それでも何故登録者の方々は卵子ドナーになることを選択したのでしょうか?

卵子ドナー(エッグドナー)になる
メリットとは

卵子ドナーになるメリットといいますか、動機は主に3つあります。

  • 周囲に不妊の人がいて状況を知っていたり、ニュースや学校などで不妊の現状を見聞きし、何か役に立てる事がしたいと思ったから。
    同じ女性だからこそ、その力になりたいという、ボランティア精神に溢れている動機ですね。
  • 高額なアルバイトになるから。
    謝礼金は数十万円単位のかなり高額になるので、アルバイトのつもりで登録する方もいらっしゃいます。
    ただし、ドナーに選ばれるかどうかは不確定要素ですから、確実な収入は期待できないでしょう。
  • 3週間近く海外に渡航できるから。
    個人で海外ロングステイの計画を立てると費用は馬鹿になりませんが、ドナーとして行くなら渡航費・宿泊費はエージェント負担。
    ドクターのOKが出ていれば、思いっきり観光を楽しむ事だってできます。

ちなみに、ドナーはいつオファーがくるかわからないので、比較的自由に動ける学生さんやお子さんのいない専業主婦の方などに向いています。現地でドナーを募っている場合は、海外留学中の日本人学生が多く登録しているみたいです。

ほぼすべてのエージェントでは、ドナー登録を申し込んだ方にはかなり詳細なプロフィール(自身だけでなく、家族の病歴などまで)の登録が義務付けられるほか、人柄を確かめるため実際に会って面談したり、電話によるヒアリングを行いますので、審査はなかなか厳しいとのこと。

また、ドナーとして選ばれるためには、見た目も重要なポイントになるため添付する写真も好印象にみえる工夫をしたほうが良いそうです。

卵子ドナーになるには?謝礼金はもらえるの?

卵子を提供するドナーには、一般的に50~80万円程度の謝礼が支払われます。

しかし、臓器提供や献血時にも提供条件があるように卵子ドナーにも各種条件があります。

  • 20~29歳の女性で定期的な生理周期がある
  • 2週間以上の海外渡航が可能である
  • 遺伝子疾患を持つ家族・親族が居ない
  • 感染症(性病など)にかかっていない
  • 依存症(薬物・たぼこ・アルコール)がない
  • 精神安定剤を服用していない
  • エージェントが希望するプログラムを順守できる

各エージェントによって細かい違いはありますが、基本的には長期渡航が可能で心身共に健康な状態であれば、未婚・既婚関係なく登録できます。

卵子提供の条件をクリアしているかどうかの健康チェックは日本の病院で受け、採卵手術は渡航先で行うこととなります。

謝礼金は帰国後にエージェントから受け取ります。

卵子ドナーにリスクはあるの?

卵子を提供するために排卵誘発剤を使用する場合、体調面で3つのリスクが考えられます。

  • 子宮頚管粘液の減少と子宮内膜の厚みが薄くなる
  • これらの変化は一時的で、通常は次の排卵時には元に戻ります。
  • 複数の卵子が排卵される
  • 複数の卵子が排卵される可能性が高くなります。ただし、卵子数の減少につながることはないようです。
  • 卵巣過剰刺激症候群
  • 卵巣が膨れ上がり腹水が溜まる、軽い頭痛・吐き気などの症状が出ることがありますが、治療によって短期間で完治しますし生理・妊娠出産への影響はありません。

エージェントの多くは卵子ドナーの健康・安全を第一に考えてくれるので、万が一の時にも適切なサポートをしてくれます。なお、国外へ渡航後に問題が発覚して卵子提供が不可となった場合も、ドナーが渡航費や医療費を負担する必要はありません。

卵子ドナー体験談まとめ

卵子ドナー体験者からは様々な感想が集まっています。

初めて体験したときには不安はあったものの、不妊治療に対する考えや意識が変わり、現在ではドナー経験3回の大ベテランとしてご活躍している方もいます。誰かの役に立てている嬉しさと達成感を感じているようです。

別の方は、実際に提供先のご夫婦と面会し、自分を選んだ理由を聞いて心から2人のお手伝いをしたいと思ったんだとか。同時期に提供先のご夫婦とお会いする別のドナーさんと一緒に海外渡航したため、旅先の不安を軽減出来たそうです。

また学生でドナー提供を体験した方は、卵子を提供する事で不妊治療に悩んでいるご家族を幸せに出来るという使命感に魅力を感じてプログラムに参加。社会に出る前に命の重さを知る良い機会だったと振り返っています。

卵子ドナーになるための登録先はどこ?

ドナー登録ができるエージェントは複数あります。エージェント社によって卵子ドナーに求める要素が違いますし、謝礼金も違います。

卵子ドナーを検討しているのであれば詳しく調査して、必要であれば問い合わせることも必要でしょう。

ドナーが日本在住者の場合、海外への渡航費用といったエージェント側の負担が大きく、海外在住の日本人や留学生に対象を絞っているエージェントも多いようです。以下に国内在住の女性も登録することができるエージェントをご紹介します。

  • Act On(謝礼金70万円)
  • メディブリッジ(謝礼金 要問合せ)
  • LA Baby(謝礼金6,000ドル~)
  • リプロダクションパートナーズ(謝礼金 要問合せ)
  • ジャパンエッグバンク(謝礼金50~80万円)
はじめての卵子提供ガイド

40歳以上、早期閉経、ターナー症候群など、排卵の不順が原因で悩む方のための新しい不妊治療「卵子提供」。今や年間300人以上の赤ちゃんが、卵子提供によって誕生しています。そんな卵子提供について、日本が置かれている現状や、海外で移植を受けるために知っておくべきこと、また提供を受けた方、ドナーとなった方それぞれの体験談をリサーチした結果を掲載。卵子提供を望むご夫婦の強い味方となってくれる、国内のエージェントの一覧も掲載しておりますので、参考にしていただければ幸いです。

卵子提供エージェント比較一覧はこちら

サイトマップ