はじめての卵子提供ガイド

卵子提供エージェント比較一覧

不妊症に悩む夫婦は10組に1組と言われるほど多く、不妊治療の病院も予約が取れないほど。医療技術もどんどん発達し、以前と比べると卵子提供のハードルも低くなってきました。
現在、多くの希望者は海外で卵子提供を受けるため、エージェントを利用して医療機関やドナーの紹介を受けております。

卵子提供エージェントの情報を一覧で掲載

当ページでは、日本国内で事業展開している卵子提供団体について、費用や渡航国、日本法人かどうか、また万が一卵子ドナーさんに問題が発生した場合の採卵補償の有無など気になるポイントごとに比較した一覧表を作成してみました。 卵子提供をお考えの方は是非これを元にエージェントの検討を、まだ暫くは国内の不妊治療で頑張ってみようと思う方はエージェントの存在だけでも知っておいていただければ幸いです。

※各団体名をクリックすると、公式HPが表示されます。

             
団体名

ActOne

公式サイト

リプロ
ダクション

公式サイト

メディ
ブリッジ

公式サイト

LA Baby

公式サイト

IFC

公式サイト
日本法人 丸 丸 丸 丸 バツ
費用の目安 350万円~ 320万円~ 334万円~ 259万円~ 570万円~

受精卵凍結
保存料付帯可否

丸 丸 バツ 丸 バツ
提携国 4ヶ国 3ヶ国
※HPに記載無
3ヶ国
※HPに記載無
2ヶ国 1ヶ国
採卵補償 丸
※別途費用
丸
※別途費用
バツ
※HPに記載無
バツ
※HPに記載無
バツ
※HPに記載無

ドナー登録条件

4条件以上
詳しい内容はこちら
4条件以上
詳しい内容はこちら
1条件以上
詳しい内容はこちら
1条件以上
詳しい内容はこちら
1条件以上
※HPに記載無
詳しい内容はこちら
             
受精卵
保管料込
採卵
補償
提携
国数
Actone公式サイト 丸 丸 4ヶ国
リプロ
ダクション公式サイト
丸 丸 3ヶ国
メディ
ブリッジ公式サイト
バツ バツ 3ヶ国
LA Baby公式サイト 丸 バツ 2ヶ国
IFC公式サイト バツ バツ 1ヶ国

選び方のポイント

卵子提供エージェントは複数あるため、何を基準に選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで、選び方のポイントをご紹介します。

料金が明瞭か

卵子提供の費用が不明瞭なことが多く、最終的にいくらかかるのか把握しづらいです。例えば

その他にも、アシステッドハッチング費用、精子凍結費用、顕微授精費用などの追加費用やオプションなどで料金が加算されるエージェントもたくさんあります。「他社より安いと思ったから決めたのに、どんどん追加されて予算をオーバーしてしまった」というトラブルもたくさんあります。初期費用だけに惑わされず、説明時にトータルの料金をしっかりと明示してくれるエージェントを選びましょう。パッケージ価格などで、最初から全て必要なものが盛り込まれたプランになっていると安心です。

『かかる費用は?』のページで詳しくみる

提携先の病院・国は豊富か

提携先の病院・国が豊富ということは、それだけ患者にも選択肢が用意されているということです。どこの国で行うかによって、費用面にも大きな差が生じます。予算・滞在期間など患者側の都合にできるだけ対応したプランを用意してくれる、選択肢が豊富なエージェントがおすすめです。また現地スタッフが常駐しているか、通訳や送迎サービスなどのサポート体制が整っているのかもチェックしておきましょう。中には現地でのサポートがほとんどなく、診察時に通訳もついていないエージェントも多いです。語学が堪能な人でしたら問題ないでしょうが、そうでない人もたくさんいますよね。エージェントが通訳を用意してくれない場合、患者側で手配しなければなりません。その点、サポートが充実しているエージェントを選べばお任せすることができるので、このような手間を省けます。異国の地で施術を受けるのは、ただでさえ不安や緊張がつきまといます。余計なストレスを減らすことで、精神的に少しでも落ち着ける環境を整えておきたいですね。

日本法人かどうか

日本法人でなくても、海外の会社は日本に支店をおくことにより日本で営業活動を行うことは可能です。しかし日本法人だと日本の会社法に基づいて設立された子会社ということなので、より日本に重点をおいていると考えられます。卵子提供のエージェントには、日本法人ではない海外エージェントも多数存在します。海外エージェントの中には、途中で音信不通になる、当初の説明にはなかった料金が加算されるといったトラブルを起こす悪徳業者も紛れこんでいるのです。

悪質なケースでは卵子提供者をリストから選んでも、その人は元々存在しておらずエージェントが用意した別の卵子提供者の卵子をあたかも患者側が選んだ人であるかのように見せかけ、提供してくるケースまであります。これでは何も信用できませんよね。安心して卵子提供を受けるためには、実績をしっかり持っているエージェントを選ぶのが無難です。情報をできるだけたくさん収集し、評判が悪い業者は避けましょう。
ただしインターネットの掲示板に載っている、良い評判を鵜呑みにするのは危険です。エージェントが自作自演している可能性も否定できません。会社の住所が実際に存在しているかもチェックし、面会してから判断するのがおすすめです。また何か困ったことがあったときでも、日本法人ならすぐに問い合わせすることができます。いざというときにすぐ返事がもらえるのは、信頼感・安心感にも繋がりますね。

ドナー情報をできるだけたくさん開示しているか

どのドナーにするかは、1番悩む部分なのではないでしょうか。エージェントによって、開示しているドナーの情報量には差があります。ドナーの情報量が少なければ絞り込むのが難しかったり、逆に希望の人がそもそもいなかったりということも考えられますね。ドナーの現在の写真、身長、体重、幼少時の写真など、できる限りたくさんの情報を開示しているエージェントを選びましょう。

はじめての卵子提供ガイド

40歳以上、早期閉経、ターナー症候群など、排卵の不順が原因で悩む方のための新しい不妊治療「卵子提供」。今や年間300人以上の赤ちゃんが、卵子提供によって誕生しています。そんな卵子提供について、日本が置かれている現状や、海外で移植を受けるために知っておくべきこと、また提供を受けた方、ドナーとなった方それぞれの体験談をリサーチした結果を掲載。卵子提供を望むご夫婦の強い味方となってくれる、国内のエージェントの一覧も掲載しておりますので、参考にしていただければ幸いです。

卵子提供エージェント比較一覧はこちら

サイトマップ